忍者ブログ
2017 / 10
≪ 2017 / 091 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2017 / 11 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「ドリーム・ノーツ」の本番でした。
ドリマトーンはカワイの電子楽器。ヤマハで言うとエレクトーン。
出演者はカワイ音楽教室の講師のみなさん。僕も一応講師。
管楽器はドリマトーンのサポート的役割で出演。今日は3曲を共演。
朝10:50から場当たりと言うので、10時位に彩の国さいたま芸術劇場入り。
管の相棒は斎藤尚久。気心が知れているので、安心感満載。
アップし始めるが、いつもの調子。最近調子の善し悪しは気にしない主義。絶好調なんて年に何回も無いんだし。良い時もあれば悪い時もある。いちいち気にしてたらやってられん。
ってわけで、今日はいつも通り。ハイの音域も問題なし。朝一でハイFまで駆け上がれるので、今日は気にせずビュンと行けそうだ。
リハではちょっと楽目に。決めどこは決めておく。そこをハズすと本番でちょっと気をつけなければいけないしね。
リハが終了し、13時開場、13時半開演。僕らの出番は後半の一番目なので、しばらく楽屋でドリマトーン講師のお師匠さん、西崎さんと斎藤君と僕の3人でバカ話。終わった後、女性講師から「男性控室、盛り上がってましたね!」って言われたので、かなりな騒ぎっぷりだったらしい。
後半10分前に気持ちを切り替えて、エンジン回し始める。楽屋で音域を確認し、フリューゲルの感触も確かめて、舞台へ。
1曲目コナンのテーマ。これはソロがないので、気楽にホーンセクションを楽しむ。客の反応良し。特に子供がノリノリで聞いているので、バチッと決めてやる。これが拍手が一番大きかった。
1曲目フィールソーグット。これは思いっきりソロから始まるので、気合いが違う。珍しく快調な出だし。一か所裏返ったが、ほぼ理想の演奏が出来た。最後、ソロの掛け合いで繰り返しの回数がちょっと事故ったが、お客さんにはあまりわからなかったようだ。
3曲目ラプソディインブルー(スマッピーズVer.)。3曲中、もっともハイノートの曲。ここんとこの精神的支柱“省エネ安全運転的演奏なんて糞喰らえ”なので、気持ちはチョー向かっていく。アドリブも考えていた物をほぼ出来た。最後、オクターブ上げようかどうしようか迷っていた所は譜面通りにしたが、最後までビュンといく。
自分的には充実感のある本番。
まだイージーミスはあるものの、気持ちがメゲ無くなっただけ進歩かな。
終了後打ち上げ。男性控室のノリそのままにバカ騒ぎ。顔の筋肉イタイ・・・
疲れたけど、今日も得るもののあった本番だったなぁ。


拍手[1回]

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
せきしげと
性別:
男性
職業:
トランペット奏者
自己紹介:
音楽家です。
トランペットを職業としてます。
演奏や指導をやっています。
よろしくお願いします!
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31