忍者ブログ
2017 / 10
≪ 2017 / 091 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 2017 / 11 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



納得がいかない。
オリンピックでの女子フィギュアの事。

キム・ヨナ選手がジャンプでは真央ちゃんに敵わないと思い知り、
表現力と完成度を高める努力をしてきたのは、もちろん正しい。
でも、真央ちゃんだって自然とトリプルアクセルを飛べたわけではない。
ものすごい努力をして自分の技にしてきたし、本番で決めるなんて容易でないのに、それを何度も成功させてきた。
2人は同じ土俵で戦うべきだ。
GOEなどと言う、不確かな物と戦うべきではないのだ。

真央ちゃんのトリプルA+ダブルTのGOEが0.8って何だ?
キムのトリプルL+トリプルTのGOEが2.0って何だ?
どこにそんな差があるのだ?
誰もが飛べる訳ではない(女子では浅田ただ一人)
トリプルA+ダブルTの基礎点が9.5で、ジュニアの選手でも、オリンピックで下位の選手でも飛んでるトリプルL+トリプルTの基礎点が10.0なのはおかしくはないだろうか。

何かの記事にコンビネーションは高さが揃ってたほうがいいって書いてあった。
しかし、ジャンプはジャンプ。
規定されたエッジで規定された回数を飛んで、どうしてそんなに差がでるのだ?
飛距離があった方がいいらしい。
距離?誰が計ってる?何メーター飛んだら加点がいくつ貰えるのだ?

芸術的要素が加味されるフィギュアのようなカテゴリーでは、採点が論議を醸すのは仕方のない事だろう。
しかし、だからこそ採点方法に厳密さが必要だし、どのジャッジがどの様な基準で、どの様な審判をしたのか、明らかにするシステムも必要だ。
「なんとなく綺麗だし、いい顔をしてたから」みたいな極めて主観的な理由で228.56などという、女子フィギュア史上最も醜い点数など付けていただきたくは、ない。

拍手[0回]

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








HN:
せきしげと
性別:
男性
職業:
トランペット奏者
自己紹介:
音楽家です。
トランペットを職業としてます。
演奏や指導をやっています。
よろしくお願いします!
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31